FC2ブログ

春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~

グリーングラスの仔として産まれたヤンチャな青鹿毛馬が、競走馬≪トウショウヒューマ≫、そして騎馬隊≪春風≫ と活躍の場を経て、今はのんびり青草を喰んで生活しています。 牧場の方の温かい愛情に支えられた、春風ヒューマのスローライフを応援するブログです。

<御礼> 援軍到着!

感謝

新型コロナウイルスの自衛手段に
マスクが必需品であるように
花粉症には医療用ブリンカーが効果的。

ということで、渡辺牧場さんのTwitterで
春風ヒューマの窮状を確認した
福岡の会員 Kさんが
春風ヒューマの医療用ブリンカーを
贈って下さいました。
(渡辺牧場さんのTwitterで知るってところが…)

New06281B.jpg

New06282B.jpg


花粉症に悩む馬は春風ヒューマ以外にもいるため
「毎年悩むなら」 と春風ヒューマ用にと
購入して下さいました。
いつもいつも、本当にありがとうございます。

このブリンカー、カップ部分は透明で
カップの先端に蒸れて曇らないように
小さな穴があいている優れもの。
実は、Kさんは一緒にフライマスクも贈って下さり
これはハエの季節用というのと同時に
花粉で角膜を傷つける前の予防用にと
購入して下さいました。
(知り合いの方の馬で効果があったと話していらっしゃいました)
愛されてるね、春風ヒューマ

●正面アップ半身
そうかな~ ← そうだよ!


春風ヒューマといえば
競走馬時代にも、深~いブリンカーをつけて
走っていました。
だから、医療用ブリンカーにも抵抗ないかな。
透明とはいえ、ブリンカーをつけると
何やら気持ちが昂るかしら?
それくらい、若々しい気持ちで
毎日を過ごして欲しいな


IMG_0002_202007050036216be.jpg
現役時代、深めのブリンカーでレースに臨む春風ヒューマ


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

スポンサーサイト



天敵襲来!

近況報告

毎年のことながら
牧草地に若草が生い茂る頃
食べきれないほどの青草に
心がウキウキしている春風ヒューマに
突如、襲い掛かる天敵がいます。

それは、花粉症。
馬にだって花粉症があることは
このblogをご覧になっている方なら
ご存知だと思いますが
ここ数年、春風ヒューマは春と秋に
花粉症で “お岩さん” のように
目を腫らしています。

今年も、そんな時期がやってきました。

冬の間、待ちに待った青草が
食べきれない程に生い茂って
喜び勇んで顔をつっこんだら
近くに咲いていた草花の花粉で痒くなった。

まぁ、簡単に想像できることではありますが
なぜ、よりによって花の近くにある青草を
食べにいくのだろう―。
春風ヒューマの放牧地は
本来、1頭では贅沢すぎるほどの広さで
花が咲いていないところが
圧倒的に多いはずなのに…。
馬の心理は解りません。
花粉がありそうなところは、牧柵の近くとか
馬たちが好んで首を突っ込むところ。
自分が辛くなること、解っていそうなのに
やめられないのか。
食いしん坊だから、仕方ないのか。

という訳で、今年も目を腫らしてしまいました。
お医者さんに診てもらい
お薬もつけることになりました。
人間でも同じですが、痒くてこすっていると
角膜を傷つけて、ますます気になって悪循環。
青草の時期は、悩ましい時期でもあります。

0603AM1.jpg
6月3日 処方された目薬で最初の症状は改善しました

0606AM1.jpg
6月6日朝 痒くて擦ってしまったらしく…涙

06081800.jpg
6月8日夕方 注射と目薬でここまで復活

06142.jpg

06141.jpg
6月14日 あぁ、再び…

061510302.jpg

061514002.jpg
6月15日 治療の効果が出ています


ご覧のとおり、一進一退。
治療効果は抜群にあるのですが
結局、治っても花粉のあるところに突っ込んで
痒くなったら元の木阿弥。

ということで、これ。

061908302.jpg

061908303.jpg


渡辺牧場さんにあった治療用ブリンカーを
お借りしました。
これで一安心。
思いっきり青草を食べられるぞ!

渡辺牧場さんも、対策をたてて下さいました。
放牧地の青草を短く刈り取って
花粉症のリスクを抑えて下さったのです。
この時期、新芽がどんどん伸びてくるので
食べるのに困ることはありません。
それどころか、脚元にからみつく長い草が少ないことで
歩きやすくもなります。
お仕事を増やして、渡辺牧場さんには申し訳ないことですが…。

しかし、なぜ右目だけなんだろう?


060810004.jpg


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

Love Love ♡ Time

近況報告

6月の太陽は
ちょっぴり初夏の情熱を感じます。

仲良きことは美しきこと
春風ヒューマがお隣のゲッケイジュちゃんと
Love Love しています。
ゲッケイジュちゃんも、まんざらではない様子。
微笑ましいですね。

春風ヒューマは足腰が弱いので
男の子チームと一緒に放牧することができません。
柵ごしにふれあうことしか出来ないのですが
仲間と一緒に馬らしく過ごしている姿を見るのは
なんと嬉しいことか。

■1590853762568

■1590853766110

■1590853773606

■1590853776337


6月の空は明るく
若葉は蒼々と美しい。
というか、食べきれな程の青草は
春風ヒューマのもう一つの ♡しあわせ♡
渡辺牧場さんに感謝しかありません。


●1590853638811

●1590853643027

●1590853659120

●1590853653586

●1590853663562

●1590853668277

●1590853691379

●1590853694520

●1590853728348

早く会いにいきたいな。
春風ヒューマの吐息や
薄い皮膚からつたわってくる
温かいぬくもりが懐かしい。

まだまだコロナウイルスが行く手を阻んでおりますが
人にも馬にも優しい時間が流れるまで
もう少し、我慢が必要なようです。
渡辺牧場さんの見学が再開されるまで
送って頂いた写真や動画で
楽しむことと致しましょう。


●1590853755524


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

騎馬隊の命名式 ~春風が誕生した日~

騎馬隊

春風ヒューマくん、競走馬時代の名前は
トウショウヒューマ。
生産牧場であるトウショウ牧場の冠に
ヒューマの由来は、星 飛雄馬(巨人の星)だっけ???
ちなみに、生まれた時は、ライラトウショウの93。
日高軽種馬農協さんから、前年にグリーングラス号が
種付けした牝馬と牧場、仔馬のリストを頂いて
見学させて頂いた当歳のうちの一頭が
トウショウヒューマでした。
まだ、ファンが牧場を訪問するのが珍しい時代。
いろいろと緩かったのです。

競走馬としても、中央で4勝したトウショウヒューマは
縁あって騎馬隊に入隊することができました。
入隊したのは夏頃だったかな。
そこから、一人前になるための訓練をつんで
翌年5月の「命名式」 で、正式に 「春風号」 という
立派な名前を頂きました。
「命名式」 が行われたのは、馬事公苑内のグラスアリーナ。
「春風」 という名前は、近隣の小学生からの公募で
春風の初代担当者 Nさんが決めて下さいました。


DSC_2448 (2)
手綱を握っているのは、当時 「春風」 の担当だった会員の Oさん
DSC_2447 (2)


懐かしい写真。
5月の気持ち良い天気の日に
「命名式」 は行われました。
(仕事を休んで写真を撮りにいきました)
この時は、「春風号」 と 「大雪号」 の2頭が
正式に騎馬隊員として誕生しました。

この時、春風ヒューマは11歳。
遅咲きの騎馬隊デビューでしたが
その分だけ物事に動じない大人の馬だと
誉められていました。

実働10年。
立派に公務員として勤めあげた春風ヒューマ。
これって本当にすごいこと。
自分がまもなく定年になる年齢になって
身に染みて感じます。
最後の方は、仕事量も考慮されていたけれど
「ここ一番」 では重要なお仕事を任されて
立派に経験を後輩たちに伝えていました。

体への負担を考慮され、20歳の秋に引退。
渡辺牧場に着いた当初、馬房に寄りかかって
やっと立っていられるような姿でいるのを見て
ここで引退することができて良かったと
心から思いました。
騎馬隊の方から、「北海道に帰る体力があるうちに」
と言われたことを思い出し、
ただただ感謝の気持ちしかありません。

お仕事から引退した後は、彼の馬生に敬意を表して
競走馬時代の 「トウショウヒューマ」 と
騎馬隊時代の 「春風」 の両方をとって
「春風ヒューマ」 と呼ぶことにしました。

現役時代から、お仕事中は一切無駄なことをしないくせに
手入れの時間となると、煩いところを見せた春風ヒューマ。
今も昔も、ちょっとクセのあるところがご愛嬌 (*^^*)。
ツンデレだけど、本当はかまってちゃん…かも。
渡辺牧場で黒鹿毛の馬体を見かけたら
「春風ヒューマ!」 と声をかけて下さいませ。
(「春風」でも「ヒューマ」でもニンジンがあれば、きっと寄ってきます)


(修正)DSC_2449 (2)
「春風」 と命名してくれた小学生を背に記念写真


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

ナイスな相棒

近況報告

5月のある日―
放牧地に出る春風ヒューマの歩様が
“いつもより” ぎこちなく見えたとのこと。
“いつもより” ということは
いつも、そこそこはぎこちないのです(苦笑)
たまたま、この日は獣医先生が来ることになっていて
春風ヒューマも診て頂くことになりました。
そして、いつものように左股関節の治療を受けて
一週間後に再診となりました。
高齢になれば、こんなことは普通のこと。

そして一週間後。
歩様検査で小走りさせると乱れがみられました。
今度は、右肩に反応があるとか。
あっちが痛くなれば、庇って別の場所が痛くなる。
そんなことは、自分にも身に覚えがあります。
仕方ない、じっくりと治しましょう。

この日の診療は、午前中に行われました。
治療の後は、午前中いっぱい馬房で過ごしましたが
その時の相棒、お向かいの馬房にいるのは
ナイスネイチャくんでした。
病院の待合室で、時間を待つお友達?
お互いに顔を見合わせて、何をお話しているのでしょう。


1590250975064.jpg

1590250969934.jpg


「注射、痛かったよね」
「早く楽になるといいね」
そんなことを話していたりして。

今年の4月より、引退馬ネットのなかで
条件を満たした馬については
医療費助成を受けられることとなりました。
春風ヒューマは、助成対象だそうです。
本当にありがたいことです。
痛みがと向き合い、少しでも楽に過ごせることが
高齢馬にとって、どれほど嬉しいことか。
馬のことをしっかりと観察して
適切に対処して下さる渡辺牧場さんにも
感謝しています。

青草の放牧地を駆けまわる
春風ヒューマの姿を楽しみに待ちたいと思います。


追伸 : 26日の診察 「治療なし!」 となりました。
      後ろ脚の歩様の良くないところは
      繋ぎの緩いことで仕方ないとのこと。
      歩様検査、触診でも悪いところはみられず
      一安心です。


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

Menu

プロフィール

green-harukaze

Author:green-harukaze
はじめまして!
春風ヒューマの会~トウショウヒューマ応援団~へようこそ!

初恋の馬グリーングラスの子供を追いかけて、わんぱく坊主だった“春風ヒューマ”に出会ったのが20年前。

  競走馬(JRA) 50戦 4勝
  警視庁 騎馬隊 11歳~20歳

2013年10月23日、20歳で騎馬隊を引退した春風ヒューマに、温かい愛情に包まれた時間を過ごして欲しい!

 ≪競走馬名≫ トウショウヒューマ
 ≪騎馬隊名≫ 春風

二つの名前で20年間頑張ってきた“春風ヒューマ”を、たくさんのハートで支えていきたいと思っています。
末長く応援よろしくお願いします!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR