FC2ブログ

春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~

グリーングラスの仔として産まれたヤンチャな青鹿毛馬が、競走馬≪トウショウヒューマ≫、そして騎馬隊≪春風≫ と活躍の場を経て、今はのんびり青草を喰んで生活しています。 牧場の方の温かい愛情に支えられた、春風ヒューマのスローライフを応援するブログです。

嬉しいお客様(その2) ~春風ヒューマは元気です~

近況報告

今年の秋は、春風ヒューマにとって
懐かしい人との出会いの季節となりました。

懐かしい人、その2。
それは、騎馬隊時代にコンビを組んでいた
Oさんとの再会。

1540210174797.jpg
Oさんにご了承を頂いて掲載させて頂きました


昨年から計画されていた北海道旅行。
9月の地震で一時は実現が危ぶまれましたが
道路事情など現地の復旧状態を確認され
無事、北海道に向けて出発されました。
この時期、春風ヒューマのもとを訪問して下さったこと
本当に有難いことでした。

Oさんから届いた、嬉しいレポートをご紹介します。
  
  お天気に恵まれて、
  渡辺牧場さんでは風が強かったですが
  暖かく過ごしやすかったです。
  春風は人参が無くなると
  「もう無いの?」
  とでも言うように、私たち二人を鼻でぐいっと押してから
  向こうの方へ行ってしまいました。つれないなー
  隣の馬とグルーミングする自然な姿も見ることができて
  嬉しかったです。
  牧場の他の馬たちも見せていただいて
  牧場を後にしました。

  馬の事を第一に、
  馬たちの苦痛があれば少しでも取り除いて
  楽に過ごせるように気を配って下さることに本当に感謝です。

  渡辺牧場さんの馬への愛情に感謝しつつ
  牧場を後にしました。


1540722091831.jpg

1540210165313.jpg

1540210133039.jpg


Oさんはお母さまと二人で、
初めて日高を訪問されたそうです。
紅葉の中で外乗を楽しまれ
立派な角の牡鹿やキツネにも遭遇!
北海道ならではの自然を堪能できて
ラッキーでしたね。

Oさんの目で、元気にしている様子を確認して頂き
春風ヒューマと触れ合う時間をもって頂けたことは
本当に良かったです。

きっと、(引退後の様子を)心配されているだろうな。
相変わらずな性格を思い出して
笑っていらっしゃるだろうな。
そんなことを、ちょっぴりハラハラしながら
私自身もその時間を心待ちにして、
楽しみにしていました。
春風ヒューマと過ごした深い時間と絆のある方だから
いろいろな想いが駆け巡ったことでしょう。
そして、春風ヒューマも―。

渡辺牧場さんには、今でもトウショウ牧場ゆかりの方が
時々馬たちの姿を見に立ち寄って下さいます。
競走馬時代の姿を知る方、ファンや厩舎関係者の方も
元気で過ごしている姿に喜びの声をあげて下さいます。
そして、騎馬隊時代にご縁のあった方ともこうして
再び巡り合うことができて。
現在を過ごす渡辺牧場が、
時間の集約点になっているようです。

春風ヒューマをめぐる人の輪が
ここでつながっていると思うのは楽しいですね。
今年はもう無理そうだけれど
また、春風ヒューマのところでいろいろな想いのひとつに
加わりたいと思っています。


1540722273134.jpg
Oさんとお母さま記念のツーショット


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

スポンサーサイト

嬉しいお客様(その1) ~春風ヒューマは元気です~

近況報告

ブログの更新が2か月半も滞ってしまい
申し訳ありませんでした。
気が付いたら9月から―。

今年は9月6日に発生した
北海道胆振東部地震の影響と
個人的には新しい職場の関係で
北海道に訪問することが出来ませんでした。
ちょっと残念(でも仕事がいっぱいいっぱい…)
ではありましたが、春風ヒューマにとっては
嬉しい再会がこの秋には続きました。

もう、本当に申し訳ない程に今頃なのですが
ご紹介させて頂きます。

トウショウヒューマと呼ばれていた競走馬時代
お世話になっていた調教師先生のご子息。
17年ぶり位でしょうか?
若い頃をご存知の方に会って頂くのって
成長ぶりを見られるようで、なぜだか私が?恥ずかしい。
精神的なことは置いておいて(笑)立派なオジサンになった
春風ヒューマのところに行って下さったこと
とても嬉しく感じました。

私の至らなさにより、10月中旬に頂いたメールですが
ご紹介させて頂きます。

  これまで見てきた老齢馬は乗馬クラブなどが中心ですが
  渡辺牧場様にいる子達は、みんな年齢の割には
  若々しい体つきで驚きました。
  また、ただ飼養しているだけで生きながらえているような環境だと
  あまり感情が見受けられなくなるケースもあるのですが
  そんなこともなくヒューマくんも、ニンジン頂戴オーラを
  モリモリ出していました。
  放牧地も分かれているとはいえ、お隣さんとの距離も近く、
  疑似的に群れで過ごしているような感じにもなっていますし
  脚の負担を抑えつつ、メンタル面のストレスが溜まりにくそうな
  環境だと感じました。

子供の頃から馬と親しみながら過ごされた方に
こうした言葉を頂けると本当に嬉しいです。
渡辺牧場のはるみお母さんからも
「お優しい感じの方で、ひとめで解りました」
と仰って頂きました。
「これからも、よろしくお願いします」
という一言を頂けたこと、とても有難く感じています。

渡辺牧場さんにお願いすることは
トウショウヒューマが競走馬を引退する時から
考えていたことではありました。
“ここで過ごすことが出来たら―”
今よりもっと馬社会のことを知らないなかで
漠然とそんな風に考えていた想いを
それから12年後に実現させることができました。
確信して続けてきたことではありますが
“お墨付き” を頂いたような気がして
私もホッと一安心。

春風ヒューマの傍若無人?な態度を見ていると
ここがどんなに居心地がいい場所であるか
よ~く解ります。
どうか心身ともに健やかに
いつまでも幸せを感じて過ごして欲しい。
そんな時間を支えられるよう
“春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団” も
頑張っていきます。(←決意表明)


0018_xlarge.jpg


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

自然とともに生きる 〜感謝〜

etc.

9月6日(木) の早朝に発生した北海道地震。
北海道で起きた最大の地震と言われ
記録した震度7は、地震大国日本においても
過去に6例しかない大きなものでした。

天災は、どこで発生しても心を痛めるものですが
今回の地震が "馬産地のお膝元" といえる
厚真を震源地とするものであったことに
これまでとは違った心配が募りました。

浦河にある渡辺牧場の様子は、牧場皆さまの配慮により
ツイッター等で、早くから知ることができましたが
胆振地方でも日高寄りのエリアには
馬産に関する施設がたくさん点在しています。
社台ファームをはじめとする大手の馬関連施設からは
ただちに情報が発信され、停電や断水以外の被害、
人や馬への直接的な影響は大きく出ていないということで
早くから安堵することができました。

しかしながら、馬産を行っている多くは、
家族経営の牧場。
私が日高に足を運び始めた約30年前には
震源地に近い鵡川や平取の牧場に
毎年お世話になっていました。
それは、春風ヒューマと同じグリーングラスの血をひく
子供たちがこのエリアでたくさん産まれていたからで
(当時、グリーングラス号は日高軽種馬農協門別種馬場に繋養されていた)
あの時代、トウショウボーイ号が
「お助けボーイ」 と呼ばれていたように、
軽種馬農協の種付け料が相対的に安いことから、
中小牧場でもグリーングラス産駒は
たくさん誕生していました。

毎年のように訪問し、親しくして頂いた牧場さんもありましたが
時代の流れの中で、いくつかの牧場さんは廃場していきました。
現在では、途絶えてしまった縁ではありますが
あの当時のことを思い出すと、心が締め付けられます。

直接聞くことも憚られたので、他の地に住む親戚の方に
話を聞いてみました。
人馬ともに大きな問題はないと返事を頂きました。
実際の影響は、これから出てくるのかもしれませんが
まずは少しだけ安心しました。

自然の力に抗うことはできない―。
自然の恩恵を受け、変化に対応しながら生きていく
牧場の方たち。
自然の偉大さも怖さも知り抜いた
自然とともに生きる人たちに
馬たちは守られているのだと
あらためて心から感謝しました。

渡辺牧場さま、馬産を支える皆さま
大変な時間を過ごされていることと思います。
一日も早く、いつもの時間が戻りますように。
そして、馬たちのこと宜しくお願い致します。


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

春風ヒューマは元気です

近況報告

9月6日(木) 午前3時8分頃、
北海道胆振地方を震源地とする大地震が発生しました。

地震の発生を知ったのは、6日の朝8時前。
すぐに渡辺牧場さんのことが気に掛かり
ツイッターを確認しました。
午前3:28、地震発生からわずか20分程で
最初のツイが流されていました。

『6日3時過ぎに大きな地震がありましたが
渡辺牧場では馬たち皆無事を確認しました。
どうぞ、ご安心下さい。』


春風ヒューマはいつもと変りなく
元気に朝から放牧されていました。


大きな地震で混乱するなか、迅速な対応で
渡辺牧場を心配する人たちのことに心を配る
はるみお母さん達に、頭が下がりました。
水は出ているとありましたが、
停電は翌日の夜まで続きました。
電源に限りがある中、ツイを配信し続けて下さり
本当に有難い気持ちで一杯でした。

渡辺牧場の皆さんは元気です。
馬たちも変わらずに落ち着いています。

どうぞ、ご安心下さい。


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

9月のカレンダー

etc.

9月になりました。

絵笛では、秋の風が吹いていることでしょう。
テレビで聞いた話ですが、今年の北海道には
これまで 「ない」 と言われてきた 「梅雨」 が
確かにあったと、専門家の方が告白していました。
日本各地で "ちょっとした" 気候の変化がみられましたから
不思議なことではないのですが、
今年だけのことであれば、いいのですが―。

さて、9月のカレンダーです。

⑨2018 カレンダー9月(ブログ用)


この写真を選んだ理由は、
春風ヒューマのふっくらした馬体を
お見せしたかったから、です。
お腹ぽんぽこりん、しあわせな証拠です。

という訳で、"天高く馬肥ゆる秋"
皆さまも、食欲の秋をご堪能下さい。


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

Menu

プロフィール

green-harukaze

Author:green-harukaze
はじめまして!
春風ヒューマの会~トウショウヒューマ応援団~へようこそ!

初恋の馬グリーングラスの子供を追いかけて、わんぱく坊主だった“春風ヒューマ”に出会ったのが20年前。

  競走馬(JRA) 50戦 4勝
  警視庁 騎馬隊 11歳~20歳

2013年10月23日、20歳で騎馬隊を引退した春風ヒューマに、温かい愛情に包まれた時間を過ごして欲しい!

 ≪競走馬名≫ トウショウヒューマ
 ≪騎馬隊名≫ 春風

二つの名前で20年間頑張ってきた“春風ヒューマ”を、たくさんのハートで支えていきたいと思っています。
末長く応援よろしくお願いします!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR