グリーングラス

【追憶】 “グリーングラスの父” 間 悌三 氏との思い出

 ←ウマ年最後の “ちょっとイイ話” →有終の美 ~有馬記念に寄せて~
先日、このブログの過去エントリーに
春風ヒューマの父、グリーングラス号のファンの方から
コメントを頂きました。

あぁ、春風ヒューマを支えて下さっている方の中には
グリーングラス号の面影を偲び
懐かしい想いで見守って下さっている方も
きっとたくさんいらっしゃるのだろうな―

そんなことを、ふと考えていたら
グリーングラス号を生産された、青森の諏訪牧場
故 間 悌三氏との思い出が甦ってきました。
私が勝手に 『グリーングラスの父』 と慕っている
厳しいけれど大きくて温かい
古き良き “日本の父” のような方。

間氏が亡くなられたのは、グリーングラス号が天に昇る
約半年前の1月。
「空の上で、きっと一緒に過ごしているね」
当時、そのようなことを諏訪牧場の皆さまとお話したこと
覚えています。

間様には、お嬢様が4名いらっしゃるのですが
お話をしていると、皆さまの言葉ひとつひとつから
心からお父様を慕われている様子が伝わってきて
親不孝ばかりして家に寄り付かなかった自分が
いつも恥ずかしく思われました。
「私たちは皆、ファザーコンプレックスだから」
こんな言葉を公言できる関係って、あまりに素敵すぎます。
私自身も、そんな間様のお人柄に惹かれ
尊敬と思慕の念を抱いていました。

間様とのご縁を頂いたのは
グリーングラス号が種牡馬を引退する時でした。
人の社会と馬が関わる複雑な問題を抱えて
グリーングラス号の生産者であり
その当時、青森県の生産者代表の立場にもあった
間 悌三氏を訪問しました。

初めて訪問した諏訪牧場に、私は衝撃を受けました。
これまで見てきた日高の牧場とは
あまりにもスケールが違ったのです。
広大な放牧地には、青々とした牧草が深く雄々しく茂り
風渡る草原の、青草のなびく様が荒波のごとく神々しくて
『 これぞまさしく、グリーングラスの生まれ故郷 』
そんな風に思ったこと、今でもはっきりと覚えています。

軍馬の時代から、馬とともに生活をしてきた間氏は
当然のことながら、ファンという立場の私たちとは
馬に対する想いも、厳しさも、そして立場も違います。
厳しい現実を諭しながら、それでいて
馬に対する深い愛情が、言葉の端々から伝わってきて
こうした状況に一番苦しまれているのは
馬と生き、愛情をかけて暮らしている人々なのだと
あらためて心が痛みました。
どうすることもできない現実が、今よりも更に深く
当時は根付いていました。

間 悌三氏は
諏訪牧場という生産者の立場として
日高軽種馬農協 青森支部代表という
青森県の馬産を発展させる立場として
また、種牡馬を繋養する牧場主として
そして、ただ馬を愛する人間として
グリーングラス号に深い愛情を抱いていました。

 グリーングラスとは
 競走馬として送り出した後は
 縁がなかったんだね


間氏が、ぽつりと寂しそうに話をされた言葉が
忘れられません。
青森に戻る予定が無かった訳ではないのに
どこかで切れてしまった縁。
何度か手繰り寄せようとして
それでも、最後まで戻ることが叶わなかった縁。
馬社会の現実を理解しているが故
立場ある人間であるが故
決してその姿勢を崩さなかった間氏。
これが、生産者の現実なのかもしれません。

あれだけの名馬だったから―。

現在、縁あって春風ヒューマを引き取ることとなり
渡辺牧場さんに、お願いすることが叶いました。
はるみさんと初めて会ったのは
この少し後の時期でしょうか。

馬の余生に、名馬も名も無い馬もない。

そんな現実をたくさん見てきながら
それでも、人間の思惑が馬の生涯を左右する事実もまた
厳然として存在しています。

馬という生命を支えることは
その大きさと同じくらい重いもの。
春風ヒューマの日々の幸せが当然のように続くことも
ある意味 “奇跡” なのだということを
折にふれ思い出していきたい。
馬に寄せる皆さまの気持ちも聞いてみたい。

これからも、宜しければお付き合い下さい。

IMG_0007_2015011113024310c.jpg
日高軽種馬農協 門別種馬場の放牧地にて (グリーングラス号)


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 応援団員募集中
もくじ  3kaku_s_L.png 近況報告
もくじ  3kaku_s_L.png 回想
もくじ  3kaku_s_L.png 感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 騎馬隊
もくじ  3kaku_s_L.png グリーングラス
もくじ  3kaku_s_L.png 渡辺牧場
もくじ  3kaku_s_L.png おしゃれ
もくじ  3kaku_s_L.png etc.
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 引退馬関連
  • 【ウマ年最後の “ちょっとイイ話”】へ
  • 【有終の美 ~有馬記念に寄せて~】へ

~ Comment ~

NoTitle

こちらのサイトを通しては「はじめまして」ですね。
彼(グリーングラス)がエンドレスファームにいた頃,一緒に訪問させていただいたり,彼の葬儀にもご一緒させていただきました。
以来,ヒューマ君の養父の末席に加えていただきながら,実の息子の世話に追われ不義理を重ねてしまいました。
下の息子が社会人になるこの春から,微力ながら応援団の一員にと思っています。
最近,競馬への情熱は冷めてしまいましたが,グり-ングラスが繋いでくれた縁は大切にしていきたいです。よろしくお願いします。

有難うございます

胴ながおじさん様

ご無沙汰しております。
間違っていたら申し訳ありません。九州の方ですよね。
その節は、そして今でもお世話になっております。
そんな大きなご子息がいらっしゃったなんて、少し驚きです。
私にとっても、グリーングラスの縁はかけがえのないものです。
もう、20年近くなるのに、多くの方と変わらず繋がっています。
それぞれの心深くに、グリーングラスが住んでいる証拠ですね。
本当に、素晴らしいですね、馬の力って…。
これからも、春風ヒューマのこと、宜しくお願い致します。

Not, but...

残念ながら、ご想像の方とは違っています。
でも、自分と同じような方が他にも存在することに
彼の繋いでくれた縁の広がりを改めて感じました。
これからも時々、コメントさせていただきます。
そのうちに私の正体?に気づいていただけると思いますよ。

申し訳ありません

胴長おじさん様

きゃ~大変失礼しました💦
記憶を手繰りよせて、あれこれ考えていました。
今度こそ、間違えることは出来ないので(プレッシャー)
もう少しだけ、お時間下さい。
あぁ、歳をとったら昔のことは覚えている筈なのに…。
本当に、申し訳ありません!

胴ながおじさん様

遅くなりました。
明確に認識いたしました!
いつもメールを頂いております、愛知県のK様ですね。
大変失礼しました。

頭の中で、既に認識が“ど真ん中”の養父でしたので
候補者から除外されておりました。
本当に、申し訳ないです。

一緒に佐賀に行ったこと、もちろん覚えています。
グリーングラスと会った時、皆様が見せる感慨深い様子に、それぞれの歴史を感じました。
グリーングラスは、やはり偉大な馬でしたね。

春風ヒューマを応援して下さるお気持ち、本当に有難いです。
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

ありがとうございます。

「ど真ん中」とは恐縮です。末永く応援できればと思います。

昨日は成人の日。成人式が話題になると,自身の成人式より彼の引退式を優先させたことが,つい先日のことのように思い出されます。
ほんとうに月日の経過は早いものですね。改めてよろしくです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ウマ年最後の “ちょっとイイ話”】へ
  • 【有終の美 ~有馬記念に寄せて~】へ