近況報告

春風ヒューマへの道 ~2015夏/牧場訪問記Ⅲ~

 ← →渡辺牧場で幸せを得た馬たち ~2015夏/牧場訪問記Ⅳ
以前、ブログでご紹介した通り
日高本線は現在、鵡川から先が
バスによる代行運転となっています。
■2015/04/19ブログ 【悲報】 「日高本線」 大ピンチ!

これは、足(運転免許)を持たない私には
かなり厳しい状況です。
日高本線が走っていた時でも
一日数本の電車にあわせて
全ての旅程を組んでいましたが
う~ん、旅人に容赦のないこの時刻表―。
(まぁ、仕方のないことですが…)
■日高本線列車運休に伴う一部バス代行輸送の実施について

今回は、訪問日程と浦河町のイベントが重なって
浦河町のホテルが全滅…。
そこで、静内のホテルで泊まることになりました。

静内は日高本線の中間地点
絵笛まで、バスで約1時間30分の旅路。
決して寝坊をしてはならない…(次は7時間20分後)
プレッシャーで眠いなか
6:09 静内発の代行バスは発車しました。

初めて乗る代行バス。
意外と国道を走らないことにオドロキ。
新鮮な景色を楽しみながら
目的地の絵笛に到着しました。
ちなみに、このバス。
早朝ということもあり、乗っていたのは
地元の高校生が数名、すべて定期券組。
旅人の私は、てっきり降車時に
お金を払うものだと思って油断していました。
バスの運転手さんに 「お金は…(金額は)」 と聞くと
「駅で払って下さい」 とボソリ。
(気弱な私!? はここでひるんでしまいました…)

バスの停留所から、JR絵笛駅は歩いて2~3分。
しかし、木が茂っていて直接見えません。
無人駅の絵笛駅、場所を知らなければ
辿り着けないんじゃ…。(私は知ってますけど!)

P7311600.jpg

P7311598.jpg
絵笛駅のホーム。右手の待合?は閉鎖中です(ちなみに単線)。


JR絵笛駅は、既に待合?も閉鎖されていて
私を待っていたのは、たった一つ
柱にくくられていた 「きっぷ受箱」 のみ。
でも、私の目には、運賃表が見つけられません。
「どうしよう…」
恐らく、この 「きっぷ受箱」 に
運賃を入れるのであろうことは解りました。
でも、金額が判らない! 焦りました(+o+)
白状します―。
この時、お金を入れることが出来ませんでした。
(決して、キセルするつもりでは無かったのですよ~)

渡辺牧場(駅から5分)に着いて
一番最初に、はるみお母さんに聞いたことは
「バスの料金は、いくら入れればいいの?」
でも、地元の人(学生を除く)は車で移動するので
代行バスの使い方を知りません。
ずっと心に重い鉛を抱えたまま
一日が過ぎていきました。

その日の帰り―。
絵笛駅から、代行バスで静内に帰りました。
日高本線で一番大きな静内駅なら
きっと料金表はあるに違いない。
確かにありました、料金表。
そして、静内駅では電車用の自動券売機も
動いていたので、ここで往復の切符を購入し
切符にコメント(絵笛駅で支払えなかった理由)まで書いて
料金箱に入れておきました。
私が犯してしまった罪を
なんとか許してもらおうと…。

翌朝、同じ早朝バスに乗って
同じく絵笛駅に到着すると、小さな料金箱の側面に
料金表が貼ってあることに気づきました。

P7311601.jpg
おぉぉ~! よく探せばあったじゃないか~料金表


代行バスの運転手は、バスで昇降者がいると
事務所に連絡していました。
つまり、代行バスを運営している会社は
乗車人数を確認しているのです。
だから、料金を入れていない人がいれば
きっと解っている筈…。
私のコメント付き切符は
ちゃんと解読されているだろうか…。
(小声)っていうか、なんでバスで料金が払えないんだろう…
そんな心配が、旅行のハイライトだったりする
印象的な出来事―。

さすがに、それだけでブログを終わるのは
申し訳ないので、春風ヒューマの写真を
最後に少しだけ載せておきますね。
牧場訪問記は、まだまだ続きます…。

P7301498.jpg

P7301506.jpg


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 応援団員募集中
もくじ  3kaku_s_L.png 近況報告
もくじ  3kaku_s_L.png 回想
もくじ  3kaku_s_L.png 感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 騎馬隊
もくじ  3kaku_s_L.png グリーングラス
もくじ  3kaku_s_L.png 渡辺牧場
もくじ  3kaku_s_L.png おしゃれ
もくじ  3kaku_s_L.png etc.
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 引退馬関連
  • 【
  • 【渡辺牧場で幸せを得た馬たち ~2015夏/牧場訪問記Ⅳ】へ

~ Comment ~

stand by me

それはそれは!ちょっとした冒険でしたね。
バックミュージックにStand By Me が流れてきそうな?(笑)

決して他人事でなく、読ませていただきました。
実は私は運転があまり得意でなく(特に知らない土地では)、もしかしたら私もバスが電車にお世話になるかもしれません・・・(今回は多くの方のご厚意に甘えさせていただきましたが)
勉強になりました。 空港近辺からだと、電車の方が便利なのでしょうかね?
また、その時になったらいろいろ教えてくださいね。



渡辺牧場への道

まるこ様

stand by me
いいですね~! まさに、私の青春は日高本線とともに(笑)ある感じです。
この単線に乗り始めて、約30年。 逞しく生きること、そして人の温かさを学びました。 素晴らしい青春です!(今も真っ只中)

そんな、新千歳空港から日高への道。
日高本線さえ動いていたら電車も便利だったんです。苫小牧の駅弁も風情があって好きだったし…。
日高といっても広いので、静内の先に行くかどうかで変わりますよね。
空港から日高方面に行くバスは 「うらかわ号」 ですが、何せ1日1本(15:40発)です。札幌からなら、「ペガサス号」 が1日7本ありますが、どちらにしても時刻表とニラメッコして決めなくてはいけません。 "次の便" はアリエナイ!(乗り遅れそうになって、苫小牧からタクシーで電車を追いかけたことがあったっけ…)
そんなスリリングな経験、楽しんで下さいね。 間違いなく面白いです♪

タクシーで電車を追いかけるなんて、のんびりゆったりな雰囲気が伝わってきます。実際は大変なんでしょうけどww

ご無沙汰しております。でもちゃんとブログは読ませて頂いてます。
読みながら、こんな雰囲気の場所なら一人旅がいいなぁなんて思ってしまいました。

春風も元気にしているみたいで、日々大切にお世話して下さる牧場の方々には感謝感謝です。その気持ちを直に伝えることができる日が、はぁいつ来ることやら。
今は叶いませんがいつか必ず❗

おかえりなさい!

春風ヒューマに会いに行く旅、おつかれさまでした。
無人駅。青森にもたくさん。
無人ならではのビックリや、おもしろさが満載ですよね。
アブハチ軍団とのタイムレースも、おつかれさまでした!
わたしもタイムレースしようかな・・・

お久しぶりです!

Yuki.O様

ご無沙汰しております。 本当に不精者で、いつブログ更新するか判らないのに忘れず覗いて頂き、感謝しています。(皆様、ありがとうございます)

私は、ほとんどが一人旅なのですが、とにかく楽しいです。
特に、日高の牧場めぐりをする時は、人の温かさに触れることが多くて、心が優しくなれます。 都会の雑多な感じとは全く違う、ゆっくりと穏やかな時間が流れているんですよね。 東京ではありえないハプニング続出で、初めての頃はワクワクしていました。

お子様がいらっしゃるので、なかなか会いに行くのは大変でしょうが、いつか春風が喜ぶ顔を見に行けること、私も楽しみにしております。

無人駅の旅

そうですね~、無人駅がある鉄道に初めて乗ったのは20歳の後半頃。(JR日高戦) 
告白すると、カルチャーショックを受けましたが(笑)、若さゆえにチャレンジャー精神で切り抜けました。これが日常の方もいらっしゃるのに失礼ですが、こうしたことの一つ一つが私を強くしてくれたかと…(どんな事件があったんだ!って感じですよね)。本当に楽しい思い出です。

初めて諏訪牧場を訪問した時は、南部縦貫鉄道線がまだ走っていて、これにも鮮烈な思い出が残っています。 もう一度乗ることが出来たら乗ってみたい電車(レースバス)No.1は、これ!と答えると思います。
窓の外には降り始めの雪、七戸の待合でストーブを囲んだ思い出が脳裏から消えません。 あぁ、天間林村に行くんだ…と。

緑の草原様から「諏訪牧場を訪問しました」と報告を受ける度、今は無き南部縦貫鉄道が思い浮かぶのですよ。 歳を取ると昔の思い出ばかりが鮮明で(笑)。 また、新しい情報を教えて下さいね。 古くなった脳に刺激を与えて情報の上書をしなくては!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【
  • 【渡辺牧場で幸せを得た馬たち ~2015夏/牧場訪問記Ⅳ】へ