引退馬関連

生命への想い 〜エイシンバーリン号によせて〜

 ←しあわせのお裾分け Part2 〜今日のハヤテくん〜 →皐月のカレンダー
北海道から 桜の開花宣言 が届きました。
いよいよ、本格的な春の訪れですね。

4月は牧場にとって、新しい生命と出会う季節。
たくさんの HAPPY BIRTHDAY
渡辺牧場さんでも行われていました。
芽吹きの季節は、なんだかワクワクするもの。

でも、生命の輝きは限りがあるからこそ
また尊いもの。
引退馬協会のサポートホース
エイシンバーリン号が、4月19日
深い眠りにつきました。
ご存知の方も多いと思いますが
クッシング病からくる蹄葉炎の悪化により
3月11日には、左前脚の深屈腱切断手術を実施。
牧場の方々の献身的なお世話のもと
バーリンちゃんは苦い薬もしっかり飲んで
回復に向け、頑張ってきました。
でも、左前脚をかばうことで負荷のかかっていた
右前脚が耐えきれなくなり…。

安楽死を決断してからは
蹄葉炎の悪化を防ぐため控えていた
大好きなニンジンや青草をたくさんもらって
虹の橋を渡っていきました。

バーリンちゃんのことは、以前ブログで
書かせて頂いたことがありました。
■バーリンちゃんママのひとり言 2015年9月3日
重賞勝ち馬らしく、お転婆で元気一杯な女の子。
村下ファームの皆さんから、とても可愛がられて
しあわせ一杯に過ごしていました。
今度、北海道に行ったら会いにいこう―。
そんな風に思いながら、1年が経ち
この日を迎えてしまいました。

高齢馬を想う時、“明日やろう” は反則だって
解かっていたはずなのに…。

青草が生え始めた、嬉しい季節に
ミユキ様にもピンチが訪れていたなんて。
「渡辺牧場だより」 を読んで気づいた時
あらためて、そう感じました。
ほんのちょっとしたこと
普通なら異変につながることなんて
考えられないようなことで
未来がなくなってしまう ≪恐怖≫
本人にだって解らないようなことが
実際には起こり得るんだって
ミユキ様だけじゃない、私たちも覚悟して
おかなくちゃいけないんですね。

「渡辺牧場だより」 のなかで
 ミユキにとって見慣れた獣医さんなのに
 ミユキは安楽死させられる状況にあったことを
 察知したようで、明らかに表情が変わり
 怖がりました。
あぁ、やはりそうなんだろうなと。
解るんですよね、馬には。
■渡辺牧場だより 2017年4月20日

その昔、グリーングラスの最期の時
骨折をした脚で、なんども立ち上がって
自分の意志で生き続けようとしていました。
最期の最後、バランスを崩して倒れてしまった時
馬自身が生き続けたいともがき
何度も何度も立ち上がろうとしました。
やがて、自身がその時を悟り
穏やかにその時を迎え入れました。

馬は、自分の生命の時間を知っている。
だから、悔いなく生きて欲しい。
そうやって、生命の時間を生きたものは
きっと愛情に包まれて虹の橋を渡っていける。
そんな風に、見守ってあげたい。

春風ヒューマくん、約束だよ。


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 応援団員募集中
もくじ  3kaku_s_L.png 近況報告
もくじ  3kaku_s_L.png 回想
もくじ  3kaku_s_L.png 感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 騎馬隊
もくじ  3kaku_s_L.png グリーングラス
もくじ  3kaku_s_L.png 渡辺牧場
もくじ  3kaku_s_L.png おしゃれ
もくじ  3kaku_s_L.png etc.
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 引退馬関連
  • 【しあわせのお裾分け Part2 〜今日のハヤテくん〜】へ
  • 【皐月のカレンダー】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【しあわせのお裾分け Part2 〜今日のハヤテくん〜】へ
  • 【皐月のカレンダー】へ