fc2ブログ

引退馬関連

ガールフレンドとの別れ ~さようならルーデンス~

 ←オトコの子のお祭り →春風ヒューマのグルメメニュー
春風ヒューマの大切なガールフレンドが
虹の橋を渡りました。
渡辺牧場にお引越ししてきた時から
ずっと気にかけてくれたルーデンス嬢。
ツンデレな春風ヒューマと仲良くしてくれて
本当にありがとう―。


エイシンルーデンス号

2022-02-27 (17)
(写真提供) エドリン様


クラシック戦線のすべてを駆け抜けた
時代のトップランナー。
3歳戦(現2歳)から 引退レースのその日まで
重賞戦線を走り続けた頑張り屋さんな女の子。

チューリップ賞(GIII)、中山牝馬S(GIII) 優勝
32戦5勝(重賞2勝)、重賞競走25戦。
こんなに良血なのに(父:サンデーサイレンス、母父:トウショウボーイ)
7歳まで走り続けて
24歳まで12頭のお母さんになって
一生懸命に働き続けたその先に
引退馬協会さんとの出会いがありました。


ナイスネイチャ
32歳のバースデードネーション

競走生活引退後に繁殖馬として長年頑張りながらも
繁殖の仕事を終えた後、
悲しい末路を辿る馬が少なくないことから
生きるチャンスを与えてあげることはできないかと
始められたクラウドファンディング。

頑張ったご褒美
ルーデンス号の余生に、新たな道が開かれました。

引退馬協会の方が、こんなことを仰っていました。
「健康に気を付けなければならない馬は
 渡辺牧場さんに預けるのが安心だから」



繁殖を引退した当初は、かつて過ごしたことのある
鹿児島の牧場に向かう予定でした。
しかし、長距離輸送による負担を考慮して
終の棲家は渡辺牧場さんに変更となりました。
牧場に着いた時、ルーデンス嬢には
少し苦しそうな呼吸音がありました。
繁殖時代から続いているのだそうで
完全には治らないものだと聞いていました。
それでも、渡辺牧場さんでの時間が経つにつれ
その音も、次第に小さくなっていくのを感じました。


<お引越しから2週間目のふたり>
エイシンルーデンスと一緒①
(ルーデンス嬢) 横目でチラッ / (春風ヒューマ) なんとなく気になる
エイシンルーデンスと一緒②
(ルーデンス嬢) 伏し目がちにアピール / (春風ヒューマ) 気づいているけど知らんぷり


キリっとしたところはあっても
馬添いの良いルーデンス嬢は
キララちゃんをリーダーとする女の子軍団の中で
絶妙な距離感をとりながら
自分の時間を快適に過ごしているように見えました。
隣の放牧地にいる春風ヒューマには
最初から、ちょっぴり好意を抱いてくれたようで
その仕草が、なんだかとっても乙女チック。
ちょっと控えめに、少し離れた場所から
ジッと春風ヒューマを見つめていたり
春風ヒューマが放牧されるのを待って
一緒に奥の放牧地に行こうとしてくれたり。
知れば知るほど健気でいじらしい―。


2022-02-27 (16)

7月19日放牧後


一方の春風ヒューマ、最初の頃はツレナイ素振り。
「おいおい、モテる男を気取っているのかい?(笑)」
黒鹿毛で額に星を持つ似たものどうし
夏を迎える頃には、と~っても仲良しになって
はるみお母さんから、度々 LoveLove報告が入りました。
長く暮らした牧場からお引越しをしてきたルーデンス嬢ですが
新しいお友達と穏やかに過ごしたこの1年は
きっと、しあわせな時間だったのではないかな。


9月7日掻きあっこ

エイシンルーデンスと一緒
2021年10月 (ルーデンス嬢と春風ヒューマ) 二人の世界

9月7日 女の子チームと一緒 (2)

女の子チームの一員として (2)
女の子チームのメンバーと一緒 (キララちゃん、ゲッケイジュちゃん、バイラ―ちゃん)


今年に入って、ルーデンス嬢の体調が心配だと
はるみお母さんから伺っていました。
フレグモーネは快方に向かっても
高齢馬の明日は解らない。
こんなにも早く、お別れの日がくるなんて
明日から、放牧地の奥まで
一緒に歩いてくれるお友達は
もういないんだね。


🎁水色の無口

馬房にて


エイシンルーデンスのお花

供花2


たくさん届けられたお花たちのなかに
春風ヒューマの名前を入れました。
寂しくないように
春風ヒューマとの思い出も
連れていってくれるように。

“ルーデンス” の意味は、ラテン語で 「遊び」
「文化を生み出す活動」 を含意しているのだとか。
晩年を渡辺牧場で過ごしたルーデンス嬢は
その名の通り、引退馬の文化を牽引する存在となり
穏やかな余生を暮らしました。

blogをまとめるにあたり、
渡辺牧場さんのTwitterを見返しました。
入厩した頃の不安げな表情から
日を追うごとに表情が生き生きとして
目の輝きが増していくのが解りました。
動きが機敏になって、行動範囲も拡がって
渡辺牧場で過ごした1年は
頑張って生きてきたご褒美の時間。
もっともっと、ここで遊んでいて欲しかったけれど―。

しあわせな思い出をいっぱい詰め込んで
虹の橋を渡っていったルーデンス号。
これからも、空の上から仲間たちを見守っていてね。


ゆっくりとお休みなさい


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://rha.or.jp/contact-members/inq05_5.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。
 新しい入会フォームに変わりました
スポンサーサイト





もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 応援団員募集中
もくじ  3kaku_s_L.png 近況報告
もくじ  3kaku_s_L.png 回想
もくじ  3kaku_s_L.png 感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 騎馬隊
もくじ  3kaku_s_L.png グリーングラス
もくじ  3kaku_s_L.png 渡辺牧場
もくじ  3kaku_s_L.png おしゃれ
もくじ  3kaku_s_L.png etc.
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 引退馬関連
  • 【オトコの子のお祭り】へ
  • 【春風ヒューマのグルメメニュー】へ

~ Comment ~

ルーデンスと春風

今年は年頭から馬達との別れが続いて、涙の渇く暇がありません。
ルーちゃんまでがこんなに早く旅立つとは想定外でした。
彼女を見るとコーセイを良く思い出しました。
あんなに強かったのに、控えめで優しくて、私はこっそり
❛嫋やかな乙女❜と呼んでいました。
ルーちゃんも本当に控えめで、初めの頃は遠慮しているのかと心配したものです。
彼女のそんな優しい性格は、ミユキを失った春風を癒やすのにピッタリだった気がします。
春風はやっと任務が完了して普通の馬に戻ったので、精神年齢はまだまだ若馬で、好きな子には冷たくしちゃう思春期少年状態だったのかも😅
今きっと寂しい思いをしているでしょうけど、直ぐに行ける状況じゃないのが悔しいです。
コロナ禍が鎮まったら人参たくさん持って彌生母さんと慰めに行ってきますね。

御礼

いつも馬愛に溢れるコメント、ありがとうございます。
私もルーデンスちゃんのことコーセイさんと重ねて見ていました。競走馬としては強かったのに、すごく優しくて女の子らしかったルーデンスちゃん。春風ヒューマはコーセイさんLOVEだったので、ルーデンスちゃんのことも、きっと大好きだったんじゃないかな。
心を支えあって一緒に歩んできた馬がまたいなくなって、寂しがっているのではないかと気に掛かっています。
せめて春が早くきて欲しいですね。
  • #304 春風ヒューマの代理人 
  • URL 
  • 2022.03/01 21:36 
  •  ▲EntryTop 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【オトコの子のお祭り】へ
  • 【春風ヒューマのグルメメニュー】へ