渡辺牧場

6月の青い空 ~コーセイ号を偲ぶ~

 ←我が世の春?! →やわらかな微笑み ~コーセイ号に捧ぐ~
今朝、私の住む東京の空は
爽やかできれいな青色をしていました。
こんな色の空を見ると
北海道で過ごす春風ヒューマに
想いを馳せてしまいます。
6月は私にとって忘れえぬ想いのある月―。
そして今年もう一つ
心に刻む想いが増えました。

競走馬としての輝かしい成績は勿論のこと
その優しくてチャーミングな性格で
誰からも愛されていたコーセイ号。
みゆきさんの心の友であり
春風ヒューマにとって憧れのマドンナでもある
コーセイ号が、6月15日の早朝
渡辺牧場の皆様に見守られながら
虹の橋を渡りました。
今年、30歳を迎えていました。

コーセーRIMG1306
2013年8月撮影


コーセイ号は昨夜、自力で立てない状況となり
そのことに気付いた渡辺牧場の皆様が
いろいろと手を尽くされたのですが
長引くことで続く苦しみの深さを考え
安らかな旅立ちという選択がなされました。

コーセイ号をずっと愛しんできたオーナー様
そして、毎日の生活を共にしてきた渡辺牧場の皆様が
この決断をするにあたり
どれ程の苦しい想いをされたか―。
想像することも憚られる思いです。

■浦河 渡辺牧場の馬たち
http://watanabeuma.cocolog-nifty.com/blog/

コーセイ号にとっての晩年は
穏やかで温かく、とても愛情に満ちたものでした。
そんな生活を支えてきたのが
オーナー様の深い愛情と
渡辺牧場様の細やかな気遣いであったことは
疑う余地もありません。

みゆきさんとコーセイさんが
とても30歳を過ぎた馬とは思えない
若々しさを保っていたのは
渡辺牧場の皆様が手を掛けて下さっていたから。
はるみお母さんが、馬たちに掛ける温かい言葉が
見えないカタチとなって心を支えていること
私たちは知っています。

だからこそ、春風ヒューマの終の棲家を
渡辺牧場さんに託したのです。
ひとつの命が、現生を離れる時
愛情の記憶に包まれて旅立てるのなら
それが一番の幸せだと思っています。

今年33歳を迎えた みゆきさんが
心の支えを失った悲しみと
向き合わなければならないことを思うと
胸が苦しくなります。
今日のところは、春風ヒューマが一緒に放牧され
みゆきさんの気持ちを紛らわせる
お手伝いをしたそうです。
はるみお母さんが憂慮されていた日が
まさかこんなに早く訪れるなんて…。
春風ヒューマに
コーセイさんの代わりは務まりませんが
渡辺牧場さんへの恩返しが
少しでも出来れば…と思っています。

明日、コーセイ号のお葬式が行われるそうです。
みゆきさんとコーセイさん
ずっと心を通わせてきた親友(心友)です。
きっとコーセイさんが、みゆきさんを守ってくれる。
そんな気がしています。

今はただ、コーセイ号の安らかな眠りを
心からお祈り申し上げます。

P1030897.jpg
ありがとうコーセイ号 心からの感謝を込めて―
20140211春風コーセイミユキ


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 応援団員募集中
もくじ  3kaku_s_L.png 近況報告
もくじ  3kaku_s_L.png 回想
もくじ  3kaku_s_L.png 感謝
もくじ  3kaku_s_L.png 騎馬隊
もくじ  3kaku_s_L.png グリーングラス
もくじ  3kaku_s_L.png 渡辺牧場
もくじ  3kaku_s_L.png おしゃれ
もくじ  3kaku_s_L.png etc.
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 引退馬関連
  • 【我が世の春?!】へ
  • 【やわらかな微笑み ~コーセイ号に捧ぐ~】へ

~ Comment ~

以前、馬事公苑の清風号のことで、コメントさせていただいた者です。

たびたび、このブログは拝見させていただいているので、ここをきっかけにコーセイ号の存在も知り、その個性に心温められていました。

やはり、別れは寂しいです。
とくに動物との別れは、心で繋がっている自信があっても、本当の気持ちは分からないままですから。
どうしても、幸せな生涯であったか?あってほしいと自問自答してしまう、そんな気がします。

ただ、こんな会ったこともない私のような人間が、ブログを通して幸せな気持ちになれるのですから、そこで暮らす馬たちは幸せな毎日を送っているのでしょうね。

心からコーセイ号のご冥福をお祈りいたします。





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

れい子さま

温かいお言葉、有難うございます。
命の輝きが儚いものであること、あらためて心に迫りました。
愛する命が幸せであって欲しいと願うこと
幸せの大きさに限りはなくて、
ただただ幸せをいっぱい感じて、日々過ごして欲しい―。
自分に出来る最大限を、愛するものに届けたい―。

れい子さまと同じ気持ちを、いつも抱いて暮らしています。
これで良いという基準がないだけに、自問自答は続きますね。
これが “愛すること” なのでしょうか。

コーセイさん、とても素敵なお馬さんでした。
勝手に想い入れてしまったのですが
チャーミングという言葉がとっても似合う
誰からも愛される、心の大きなお馬さんだと思っていました。
きっと、どこにいっても人気ものですね。

まだ、渡辺牧場のお空の上にいることでしょう。
どうか、みんなを見守って下さいね。
心から、コーセイさんの旅立ちをお祈りしたいと思います。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【我が世の春?!】へ
  • 【やわらかな微笑み ~コーセイ号に捧ぐ~】へ