春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~

グリーングラスの仔として産まれたヤンチャな青鹿毛馬が、競走馬≪トウショウヒューマ≫、そして騎馬隊≪春風≫ と活躍の場を経て、今はのんびり青草を喰んで生活しています。 牧場の方の温かい愛情に支えられた、春風ヒューマのスローライフを応援するブログです。

夏の思い出

近況報告

明日から9月―。
北海道には秋風が吹いています。
涼しくい時間が増えて、渡辺牧場の馬たちは
過ごしやすい時間を過ごしています。

8月に渡辺牧場を訪問した方から
お写真を送って頂きましたので
ご紹介します。
この写真の頃は、まだ夏真っ只中!
春風ヒューマの 「夏の思い出」 ですね。


0002●_xlarge

0009●_xlarge

0014●_xlarge

0026●_xlarge


ひっろ~い放牧地をひとり占めして
たんまりと青草を頂いています。
きっと、馬服の下はポンポコリン。
普通のことのように感じていますが
生きた青草を、お腹いっぱい
毎日食べている馬って、実際は
そんなにいないような気がします。

だから、春風ヒューマはしあわせモノ
応援して頂いている皆さんに
感謝しなくちゃね(*^^*)


0051●_xlarge

0060●_xlarge


春風ヒューマは、見守って下さる
たくさんの愛情に包まれて
渡辺牧場で穏やかに過ごしています。
過日は、ミユキさまを大切に想われてきた方から
春風ヒューマに励ましのお言葉を頂きました。
いろいろな方が、様々な想いをもって
春風ヒューマを応援して下さっているのだと
改めて感じた瞬間でした。

頻繁に絵笛まで足を運ぶことが出来なくても
今回のように、近況を教えて下さる心遣い(写真)には
ただただ感謝の気持ちです。

たくさんの "有難う" の気持ちを
このブログでもお伝えできたらと思います。
これからも、宜しくお願いいたします。


0044●_xlarge


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。


8月のカレンダー & ヤマトくんのこと

etc.

暑い夏がやってきました。
各地では台風や異常気象による
被害も出ているようですが
一日も早く穏やかな日常に戻りますこと
お祈りしております。

さて、8月のカレンダーをお裾分けです。

お隣さんと一緒に楽しそうに草を食む
春風ヒューマです。

2017年 8月(ブログ用)


春風ヒューマが広い放牧地を
ひとり占めするようになって
2か月が経ちました。
「寂しいだろうなぁ」
はるみお母さんは、春風ヒューマを気遣い
お友達さがしをして下さいました。

7月の終わり―。
春風ヒューマのいる放牧地に
ヤマトくんが遊びにきてくれました。
ヤマトくん こと 本名? トガシヤマトくん。
今春、渡辺牧場に仲間入りした若者です。
■渡辺牧場の馬たち(2017年5月27日) あたらしい仲間 トガシヤマト

久しぶりのお友達との同居、しかも男の子!
これは、最初の頃にベガくんと遊んで以来?
ちょっと楽しみ♡と思っていたのですが…。
お友達とは半日一緒にいただけで、また今度。
久しぶりのお友達に、春風ヒューマが
ちょっかいだすもんだから~。(あぁ、ありがちだ)
脚が痛くて乗馬を引退したヤマトくん。
広い放牧地で元気に遊べるまでになってきたんですね。

どんな馬たちも、素晴らしい出会いがあって
渡辺牧場で過ごしているなぁと。
ヤマトくん、とっても愛らしいお馬さんです。
今度はたくさん遊んでくださいね。(私と)


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

♪春風ヒューマ&渡辺牧場ツアー(2日目)

近況報告

『春風ヒューマ&渡辺牧場ツアー』 2日目

★CIMG1566(放牧地にて)

"爆睡" で体力を取り戻した面々が
ホテルのロビーに集合。
最初に向かった先は
優駿ヴィレッジ AERU内にある放牧地。
ここには、3頭の引退名馬が繋養されていました。

ウィニングチケット号
スズカフェニックス号
ヒシマサル号

私が競馬を見ていた頃の名馬たち。
再会できて、個人的に嬉しかったです。


CIMG1504(KM)BチケットB
懐かしそうにウィニングチケット号を見つめる面々

CIMG1530(U)BチケットB
大半のニンジンを平らげたウィニングチケット号

CIMG1531(K)BヒシマサルB
馬房でお休み中のヒシマサル号

引退名馬のいる場所には、乗馬センターが併設されており
ニンジンが 「1カップ100円」 で売られていました。
朝いちばんに訪問した私たちは、そこにあったニンジンを
ほぼ買占め状態 (乗馬センターの方に補充をお願いしました)
それでも、オネダリ上手な馬たちに、あれよあれよと
ニンジンの入ったカップを空にされ…。
喜んでもらえたら、嬉しい♬ わたしたち。
(ちなみに、乗馬センターでは乗馬体験が可能です)
ここには、2016年8月に亡くなった
ニッポーテイオー号の献花台も設営されていて
厩舎内も見学できるようになっていました。

★CIMG1539●(ニッポーテイオー献花台)B
馬房内に設営されたニッポーテイオー号の献花台


次に向かった先は、谷川牧場。
ここには、言わずと知れたシンザン号の像があり
タケホープ号、ホクトボーイ号
ミナガワマンナ号、ミホシンザン号
現役時代に胸を熱くした馬たちのお墓も
お参りすることができました。
シンザン号 35歳3か月―。
約30年前に会った高齢馬シンザン号は
「動かざること山のごとし」。
そんな、ご長寿馬の印象を大きく変えてくれた
ミユキさまのこと、あらためて思い出してしまいました。


★CIMG1541●(シンザン号銅像)B


さて、10時少し前、2日目の渡辺牧場訪問となりました。
前日とはうってかわり、どんよりとしたお天気で
今にも雨が降り出しそう。
それでも、馬たちにとっては涼しくて快適な気候。
馬服を脱いだ春風ヒューマは、その美しい馬体を
私たちに見せてくれました。

★CIMG1563(ニンジンほうばる)

★CIMG1578

★CIMG1656

★CIMG1651


若々しく美しい馬体をしています。
渡辺牧場さんで大切に、愛情一杯に過ごしていること
この姿を見るだけで解ります。
それでなくても広すぎる放牧地をひとり占め。
シロツメクサが食べきれないほどに育っているなんて
贅沢すぎますね!
それに―。
両隣には、大好きな女の子たちがいつも一緒。
寂しいなんて言ったら、バチが当たりますよ。

★CIMG1640(お隣さんと一緒)
新人アルテミスちゃん(月の女神さま)と

★CIMG1674(キララちゃんと)
いつも仲良しキララちゃんと


残り少ない時間のなか、ツアーの皆さんは
おもいおもいに馬たちとの思い出を作ります。
メテちゃんのオーナーでもあるUさんは
大好きなメテちゃんとの時間を愛おしそうに過ごします。
馬たちのしあわせを応援したいと、どの馬にも心を配る
Mさんは、あちこちの放牧地を忙しそうに飛び回ります。
久し振りに馬とのふれあいを楽しむKさんは
初日の緊張感も薄れ、笑顔が格段に増えていました。
笑顔がひろがるツアーになって、本当に良かった。

CIMG1582(U)_LI (2)
春風ヒューマとは20年来の仲♡ Uさん
CIMG1544(M)B
春風ヒューマにスカウトされた? Mさん
CIMG1571(K)
お父さんの時代から見守ってくれている Kさん
CIMG1555(M)修正B
ニンジンをおねだりする春風ヒューマ (^-^;これこれ
★CIMG1609(メテ・ナイス)B
メテちゃんとUさんのラブラブツーショット、奥はナイスくんとKさん
CIMG1594(U)
メテちゃんに語りかけるUさん
CIMG1597(K)
ナイスくんとのふれあいに満面の笑顔♡ Kさん
CIMG1701(M)
プリンちゃん&ダイマジンくん大好き♡ Mさん


遠くに雷鳴がとどろき、にわかに雲行きが怪しくなってきました。
雨が降り出し、お天気レーダーが 「赤い雲」 と 「黄緑色の雲」 の
接近を告げたところで、馬たちは厩舎に帰ることに。

★CIMG1717(集牧)

★CIMG1586(はるみさん)

★CIMG1719(女の子チーム走る)

★CIMG1718(女の子チーム走る)

★CIMG1727(集牧プリン&ダイマジン)


放牧地の一番奥にいた女の子軍団。
お父さんが 「帰ってこいよ〜」 と合図を送ると
全員ダッシュで駆け寄ってきました。
さすが、みんな解ってる〜。
無事に厩舎に入ったところで雨が本降りに。
間一髪セーフ!
こんなところにも、自然と暮らす知恵が
詰まっているように思われました。
高齢馬が多い渡辺牧場では、体調を気遣って
細かく馬の出し入れが行われます。
この日も、私たちが帰った後に雨があがり
再び馬たちは放牧に出されたとのこと。

「馬優先」 を実践することは
言うほど簡単なことではありません。
本当に大切にされていて
「渡辺牧場の馬たちは、しあわせだなぁと」
実感することのできた二日間でした。

★CIMG1695(ディアちゃん)
渡辺牧場のニューフェイス 人参を頬張るディアちゃん
★CIMG1706(シロくん)
長老シロちゃん 元気な姿に会えました!


この後、はるみお母さんを含めた5名で
ランチを楽しみ、ツアーの全行程は終了しました。
それぞれが、別の目的地に向かって
別れていきましたが、Kさんから頂いた
「また、次の機会があればと思いました」
という言葉が、とれも嬉しく胸に響きました。

初めてのツアーで、行き届かないことも
多かったと思いますが、皆さんの笑顔が見られたこと
とても良い経験になりました。
また、チャンスがあれば実施したいと思います。
その際には、今回ツアー参加を断念された方にも
是非ご参加いただければと思っています。

最後に―。
ツアー参加が都合により行けなくなってしまったTさま。
お心遣いを有難うございました。
いつか、春風ヒューマのところでお会いしましょう!


★CIMG1554(全員集合)

★CIMG1585
春風ヒューマの放牧地 シロツメクサがいっぱい


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

♪春風ヒューマ&渡辺牧場ツアー(初日)

近況報告

7月15日(土)から 1泊2日
春風ヒューマ&渡辺牧場ツアー
行ってきました


★CIMG1451

参加者は4名とこじんまり
ほっこり楽しいツアーとなりました。
愛知県、秋田県、千葉県、東京都と
全国から集合したメンバーは
それぞれ初顔合わせでしたが
おたがいの中に意外な共通点をみつけて
あっという間に打ち解けていました。
まずは一安心(*^^*)

ツアーの最初は、春風ヒューマへのご挨拶。
放牧地に入ると、アブ除けの馬服を着て
涼しげないでたちでお出迎え。
(アブが出始めた放牧地では、馬たちが格闘していました)
食べきれないほどのニンジン
参加者全員からもらってご満悦な様子。
まぁ、今日の主役は春風ヒューマですから
春風ヒューマにも楽しんでもらいましょう。
あまりサービス精神旺盛とは言えませんけどね(^-^;

★CIMG1450(正面)
え? サービスしたよ〜(そんなことはない)

★CIMG1453(いななき)
反論…している訳ではなく、お隣の女の子たちが厩舎に入ってしまい嘶いているところ

★CIMG1458(馬服半身)
ハンサム仕様な春風ヒューマ

★CIMG1459(馬服全身)
騎馬隊じこみの写真ポーズ(写真撮影への協力はハンパないです)


新婚旅行以来(約30年ぶり?)の日高訪問という
Kさんは、初めて春風ヒューマとご対面。
お父さん(グリーングラス)のファンだったKさんは
春風ヒューマのなかに面影を見ていたのでしょうか
久し振りとなる馬とのふれあいを
楽しんでいらっしゃいました。

CIMG1442(K)

CIMG1490(K)春風ヒューマ


初日は、暑いほどにお天気
帯広では、この日に37度を記録していて
北海道って…な雰囲気。
それでも、心地よい風が吹く放牧地では
身も心も解放された人間たちが笑顔満開。
しあわせな時間を過ごしました。

★CIMG1433(ミサイルたち)B

CIMG1466(K)B春風ヒューマB

CIMG1423(K)Bプリンちゃん&ダイマジンB


ナイスネイチャ号やセントミサイル号など
渡辺牧場の仲間たちとふれあった後
ミユキさまやコーセーさんたちのお墓参り。
ミユキさまのお墓は、たくさんのお花に守られていて
皆に愛されていた生前の姿そのまま。
ツアー参加者からのお花とお線香も供えて
みんなでお参りさせて頂きました。

★CIMG1495(お墓参り)
大好きな仲間たちと一緒に、空の上から見守っていてね


初日、渡辺牧場さんでのスケジュールはここで終了。
宿泊場所である 「優駿ヴィレッジ AERU」 に移動。
ホテルに戻って、お風呂に入ったり部屋で寛いだり
のんびりとした時間を過ごしたのち
懇親会の時間となりました。
場所は、ホテル内のレストラン。
渡辺牧場からは、はるみお母さんと一緒に
昨年から馬たちのお世話をして下さっている
渡辺牧場のホープ、次男さんも出席!
馬談義だけでなく、昭和中盤年代生まれのツアー面々と
青春真っ只中の次男さんとの "次世代トーク"
懇親会を盛り上げてくれました。
いろいろ有難うね、我らがホープ!
これからも、頼りにしていますよ

楽しかったツアー初日は
たくさんの笑顔に包まれて更けていきました。
AERUのお部屋は贅沢なまでに広く
お食事も大浴場もなかなかに高評価。
というか、全員、部屋に戻ったとたん
爆睡 だったようで―。
心地よい疲れ、ということにしておきましょう(笑)。
しあわせなことですね。

明日もまた
楽しい時間が待ってますよ〜。


★CIMG1677(ミユキさまの馬房)
ミユキさまの馬房から、一輪のユリが馬たちを見守っていました


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。



シロツメクサのしあわせ☘

近況報告

7月に入りました。
北海道に梅雨はないと言われますが
青々と波打つ牧草を刈り取り
この先の貯えとする季節。

ひと足さきに、春風ヒューマの身体の
貯えとなっているようです。
お腹ポンポコり〜ん(*^^*)

20170705_64.jpg

20170705_63.jpg

20170705_62.jpg

20170705_61.jpg

20170705_68.jpg

20170705_70_20170711010629041.jpg


〜はるみお母さんからのメール〜
  春風ヒューマの放牧地は
  一番牧草を刈ったのが早かったので
  もう綺麗に二番草が生えそろっています。
 
  毛艶がとてもいいですね。
 
  ミユキがいなくなったことを
  春風ヒューマは理解していると思います。
  きっと、コーセイがいなくなった時のように・・・
  春風ヒューマには、何度もそんな
  別れを経験させて申し訳ないです。
  でも、きっと、これも魂と魂の
  ご縁なのかもしれませんね・・・。
 
  牧柵越しに、キララとか他の女の子たちとも
  近くにいることがあります。
 
  春風ヒューマは、私の淋しい気持ちや
  悲しい気持ちも理解してくれているようで
  とても優しいです。
 
  いつも「春風ヒューマとマザーは
  困っていなくても困ったような目をしている」
  と思っていましたが、今は、本当に切なさを
  「わかるよ、わかってるよ」
  と言ってくれているかのような目に思えます。
 
  広い放牧地に1頭で淋しいかもしれませんが
  春風ヒューマは男の子なので
  頑張ってくれると思います。
  彼の脚に負担にならない相棒ができたらなぁ
  と思います。
  気長にお待ちいただけましたらありがたいです。



はるみお母さんからの、優しいメール。
一番寂しいのは、はるみお母さんや渡辺牧場の皆さま。
そんな気持ちを、「わかっているよ」 とでも言いたげな
瞳でたたずむ春風ヒューマ。
(でも、ときどきふっとイタズラをするに違いない)

静かな時間の流れの中で、何を考えているのかな。
今週末、聞いてみよう。



20170705_67.jpg


■引退馬ネット内
 春風ヒューマの会 ~トウショウヒューマ応援団~ 
 https://www.rha.or.jp/support-form/harukazehyuma-form.html
 ※引退馬ネットの「春風ヒューマの会」≪入会フォーム≫ にリンクしています。

««

Menu

プロフィール

green-harukaze

Author:green-harukaze
はじめまして!
春風ヒューマの会~トウショウヒューマ応援団~へようこそ!

初恋の馬グリーングラスの子供を追いかけて、わんぱく坊主だった“春風ヒューマ”に出会ったのが20年前。

  競走馬(JRA) 50戦 4勝
  警視庁 騎馬隊 11歳~20歳

2013年10月23日、20歳で騎馬隊を引退した春風ヒューマに、温かい愛情に包まれた時間を過ごして欲しい!

 ≪競走馬名≫ トウショウヒューマ
 ≪騎馬隊名≫ 春風

二つの名前で20年間頑張ってきた“春風ヒューマ”を、たくさんのハートで支えていきたいと思っています。
末長く応援よろしくお願いします!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR